利用者の評判から選ぶショッピング枠現金化

banner

インターネットでの悪質業者の存在

インターネット利用者から見て、一回でも見たことがある詐欺にフィッシング詐欺があります。
フィッシング詐欺は何かというと、クレジットカード番号、暗証番号を同時に引き出すことで、インターネット上でその被害が拡大していることを言います。
このフィッシング詐欺がクレジットカードの現金化にかかわってくることは言うまでもありません。
翌見られるのは還元率98%というような誇大広告を掲げ、顧客をサイトに引き寄せることです。
さらに取引を進めるため、メール交換をしていきますが、顧客の連絡先をこのときに知ることができるということになれば契約までいたらなくても相手に連絡先が知れ渡ってしまいます。
数日後、まったく違う業者を名乗ってメールを送り、そのメールを見たら利用者がメール中にあるURLからサイトに接続することでフィッシング詐欺が成り立ちます。
それから引き出した個人情報を使って買い物をし、代金を持つのは詐欺に遭った客ということになります。

フィッシング詐欺にご注意を

なぜこのようになるのかというと、クレジットカードを現金化したい人はこすいた詐欺に遭わないように十分気をつけてきているため、非常にターゲットにしう安いのです。
ですからインターネット上の悪質業者というのは引っかかってくれる人をただじっと待っているのです。
損害は非常に大きいですが、スーペリア等を参考に見てみるとわかりやすいと思いますがフィッシング詐欺に遭わないようにするためには知らない業者から送られてきたメールを見ないこと、リンクをつなげないことを守り抜くことで防ぐことができます。
インターネット利用者から見れば当然の常識とも言えることですが、油断するとやってしまいがちですから気をつけましょう。
フィッシング詐欺といえどもインターネット上に非常に範囲が広がっていますから、その手段や種類は多くあります。
中でもクレジットカード現金化を利用する人はターゲットにされやすく、クレジットカードがある、お金がない、生活が苦しい、インターネット環境があるという人はフィッシング詐欺業者にとって非常にいいターゲットになるのです。
フィッシングのやり方としては、メールを利用するという昔ながらの方法もありますが、クレジットカードの現金化をするならここ、というように誘ってくる業者も多くあります。
もし今回紹介するような質問を見たことがあるなら、フィッシング詐欺と考えていいでしょうから気をつけましょう。

怪しい行動

1.クレジットカード番号を何度も聞いてくる
インターネット上のクレジットカード現金化は、業者がウェブサイト上でウェブショッピングをし、クレジットカードを利用して支払いをするような形になります。
そのため申し込み、契約するときに何度も聞いてくるような場合は危険です。
2.クレジットカードの両面コピーを求めてくる
これもやはり一つ目と同じく、クレジットカードについてしつこく聞いてくるのですが、証拠として提出という文言が加わります。
中でも両面のコピーというところがミソで、クレジットカードの裏面にある暗証番号があるため、こうした要求があっても決して答えてはいけません。
3.審査=ナンバーの聴取
これも非常に手が込んでいますが、クレジットカードの現金化というのを考えたとき、ショッピング枠を使わなければなりませんから、審査をさらにしなければ成らないということはありません。
ですから聞かれたら断りましょう。

Copyright(c) 2013 利用者の評判から選ぶショッピング枠現金化 All Rights Reserved.